英会話をはじめよう!!

Let’s英会話

TOEIC

国際コミュニケーション英語能力テスト(Test of English for International
Communication、通称「TOEIC(トーイック)」)は、英語を母語としない者を対象とし、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験です。

試験問題は米国の団体・ETS(Educational Testing Service;教育試験サービス)により作成され、日本では財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会が年8回(1・3・5・6・7・9・10・11月)全国80都市でTOEIC公開テストを実施しています。

 

試験は約60ヶ国で実施され、年間延べ450万人が受験しています。受験者の大半は日本人(150万人)と韓国人によって占められ、これら2国と一部のアジア諸国を除いた国や地域での普及度は低いです。しかしながら、フランスの高等教育機関群グランゼコールのなかにはTOEICで750点以上のスコアを取ることを卒業要件として課すところが現れるなど、ヨーロッパでも徐々に浸透しつつあります。
日本においては、企業職員の採用や人事評価において用いられることもあります。

受験者は聞き取り(Listening)100問と読解(Reading)100問の2部構成、計200問の試験を受け、各部門の合計点がスコアとして認定されます。
スコアは、素点による絶対評価ではなく、全受験生との相対的な成績によって算出され、10〜990点の間(各部門5〜495点ずつ)で5点刻みで評価されます。
受験者数が非常に多いことから、スコアによる序列への信頼性が高いです。受験方法には、個人で受験する「公開テスト (Secure Program Test; SP Test) 」と、企業や学校内で随時実施する「IPテスト(Institutional
Program;団体特別受験制度)」の2つの方法があります。

設問内容は主に海外や日本の外資系企業のビジネス現場を想定しています。語彙や語法に関する設問には日常生活に不必要なものも含まれ、英語の母語話者でも満点を取ることは難しいです。一度取得すれば終身有効の検定資格ではなく、受験の時点における実力確認の試験なので合否判定はです。また、試験問題と評価は全世界共通であり、異なる日程間でも難易度に差がないように作られており、本人の能力に変化が起きない限りスコアに変化は起きないとされています。

 

 

TOEIC BRIDGE

TOEICの姉妹版として、2001年に初・中級レベルの TOEIC
Bridge(トーイック・ブリッジ)が始まりました。聞き取り50問、読解50問(各10〜90点)でトータルスコア20〜180点で評価されます。長文の文章が短くなっているなど、問題の難易度は従来のTOEICテストよりも下げられてます。従来のTOEICは、企業での英語能力測定を主な目的として開発されました。そのため、問題数も200問と多く高校生や英語の初心者が受けるには適していませんでした。TOEIC
Bridgeはこのような人を対象として開発された。TOEIC
Bridgeの利用目的は高校生の留学選抜や英語特進クラス選抜やレベルチェック、大学の英語レベルチェック等多岐に渡ります。

★受験者の比較(2005年度 日本国内での受験者数)
・TOEIC 1,499,000人 (前年度比 +66,000人)
・TOEIC Bridge 109,200人 (前年度比 +26,000人)

コピーライト