英会話をはじめよう!!

Let’s英会話

英語の歴史

1世紀からローマ人がブリテン島に駐留して、ケルト系の住民を支配していたころには、ケルト語とラテン語が優勢でした。
そのローマ人が410年に本国に引き上げると、5世紀半ばから6世紀にかけて、ゲルマン系の人々(ジュート人、アングル人、サクソン人)が大陸からブリテン島に渡来して、先住のケルト人を支配するようになりました。
このころイングランドでゲルマン系の言語が定着しました。
ここから英語の歴史が始まりました。(ゲルマン系の言語として。)以後の英語の歴史はふつう 3期に大別されます。

1.古英語(450‐1100)
2.中英語(1100‐1500)
3.近代英語(1500以降)
です。

ゲルマン系の単語のほかに、ラテン系の単語も混入していますが、これは、ノルマン・コンクエスト以降、貴族階級がノルマン語を話していたことの影響です。(時期的には 11世紀以降で、中英語。)

 

 

古英語

古英語は均一の言語ではなく、方言があり、時期によっても異なります。

ゲルマン人の一派であるアングル人・サクソン人の言葉が、グレートブリテン島移住に伴い、イングランドへ持ち込まれたことに始まります。のちイングランドに来襲したデーン人の言語であるデーン語などの要素も、入り込みました。

古英語に対して、古英語以降16世紀までの英語を中英語、それ以降を現代英語と言いいます。古英語の使われた時期を確定することは困難です。おそらく4世紀半ばにはグレートブリテン島での古英語の使用は始まっていました。古英語と中英語の境として、ウィリアム1世によってノルマン・フランス語の語彙が大幅に流入した1066年のノルマン・コンクエストを採用することが多いです。

しかしこのことはこの時期以降、古英語が使われなくなったことを意味しません。

10世紀初頭における古ノルド語と関連諸語の分布
古西ノルド語
古東ノルド語
ゴート語(バルト海に浮かぶゴトランド島)
古英語を含む他のゲルマン諸語バイキングによりイングランドに古ノルド語が持ち込まれ、古英語に影響を与えました。他のゲルマン諸語と古ノルド語はまだ相互理解可能でした。

 

 

中英語

中英語(Middle English)または中期英語、中世英語1066年のノルマン・コンクエスト以後15世紀後半頃までの英語の名称です。
文章に方言による大きな揺れが見らます。印刷の普及によって古英語の時代に用いられたウェストサクソン方言にかわってロンドンの方言(東アングリア方言)をもとに文語が形成されました。

またこのころのスコットランド南東部のノーザンブリア方言がスコット人の話す英語いわゆるスコットランド語につながります。中英語以後1650年頃までを初期近代英語といいます。

なお近代英語は中英語からの大母音推移を蒙ったため、両者の音韻組織は大幅に異ります。

recommend

コピーライト