英会話をはじめよう!!

Let’s英会話

英語とは

英語の「英」とは、English という単語のポルトガル語訳 inglesの漢訳「英吉利」の略です(イギリスのイングランド地方をさす言葉と考えられています)。
「英吉利」については他にInglaterraの漢訳とする説もあります。

「英語」という語は「イングランド語」の略ですが、日本語や朝鮮語でこの言語を指し示す場合、フランス語やドイツ語など他のヨーロッパ発祥の言語と違ってこの略称が一般的に通用しています。


*現況

現在、イギリス全体としての国家語は英語ですが、イギリスに含まれるウェールズやスコットランドでは英語以外の言語話者もいます。またイングランドでも、移民コミュニティなどではそれぞれの母語が使われています。

20世紀中盤まで、イギリスが多くの植民地を抱えていたことが、英語話者数の増加の要因となり、イギリスの採った植民地政策は間接統治でした。つまり、エリート層をイギリス本国で教育を受けさせ、それぞれの植民地へ送り返しました。上層階級であるエリート層はみな英語で教育を受けたため、植民地行政では英語が支配的となり、独立後もこの状態が続いています。

かくして、旧イギリス領(現在その多くはイギリス連邦に加盟している)では英語が公的に(政治・経済・教育で)使われるようになり、イギリスとこれらの地域の共通語になった。

第二次世界大戦後、イギリスは徐々に国際政治での影響力を弱めていくが、かつて英国が植民地を建設した土地であり、また同じ英語を使用する国でもあるアメリカ合衆国が強い影響力を持つようになり、結果として英語が有用な外国語として世界に広く普及することになりました。

 

文字

英語は通常ラテン文字によって記述され以下の26文字全てを用いています

 

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z

 

ヨーロッパの他の多くの言語と異なり、ダイアクリティカルマークはほとんど用いないです。

手書き時は、アルファベットが連なる筆記体が以前は主流でしたが、現在は署名(サイン)を除いて読みやすさなどの観点からブロック体が主流です。

英語においては多くの文字が複数の発音を持っていて、綴りと実際の発音の食い違いも大きいです。

 

 

発音

英語の発音と綴りの間の関係は、他のヨーロッパの言語と比べると一貫性に乏しいです。これは主に中英語時代である15世紀初頭に始まり、近代英語初期である17世紀初頭に終わった大母音推移という現象にも関わらず、印刷技術が普及していたために綴りが固定化して基本的に変更が加えられなかったことに起因します。

それ以前はnameはナーメと、timeはティーメと綴り通り発音されていましたが(というよりも発音どおりに綴られていた)が、ネイムやタイムという発音に変化したにも関わらず、neimやtaimなどと綴りが変更されることはなかったため、現在まで英語学習者を悩ませている綴りと発音の不一致が起きています。以下に発音規則を示すが、例外も多いです。

このことは、英語が他のヨーロッパ系言語から単語を借用する際に、多量の単語を元のつづりとあまり変えずに借用したことに起因します。

おすすめWEBサイト 5選

毎日新聞
http://mainichi.jp/
コピーライト